庭は私のすべて

3人の娘たちは巣立ち、5人の孫の成長が楽しみです。開田の庭、畑、自宅の庭は、そんな私の全てです。

Top Page › 50年間の動物病院のあれこれ › 近隣の獣医さん
2020-01-28 (Tue) 23:23

近隣の獣医さん

1月28日

クレープシュゼット
DSCN1802.jpg


午後、出先で電話を受けました。

今、玄関先にいるのですが、、、、と

夫は自宅にいるはずですが、、とりあえず私は外出中なので10分程お待ちを、、、、、、ということですぐ帰宅しました。

今日のお客様は近隣の町の夫より15歳お若い獣医さんとそのお友達でした。
研究会の仲間でもあり閉院の便りを受け取ったもののその後元気でいるのかと、、、。
様子を見に来てくださいました。

彼は開業歴34年で、年齢は64歳。
彼が開業した当時でさえも、
小動物臨床では食べていけないよ と皆から反対されたそうです。

私が思いますには
その頃は 開拓者である私どもの努力で狂犬病予防、ワクチン予防、フィラリヤ予防が定着してきたころでした。
ペットから伴侶と家族の一員に格上げされた頃でもあり、
彼曰く
皆から開業を反対されたけれどあの時期に開業してよかった といっておられました。

今日のコーヒーのお供は
DSCN1801.jpg
クレープシュゼットでした。
どうしても分厚くなってしまいますが、家庭の味と云うことで、、、ご勘弁を。

ソースは
DSCN1800.jpg
オレンジジュースを煮詰めて、デコポンの房を煮て絡めてオレンジキュラソーと共にお出ししました。

美味しいと言ってくださいました。




スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-01-28

Comment







管理者にだけ表示を許可