庭は私のすべて

3人の娘たちは巣立ち、5人の孫の成長が楽しみです。開田の庭、畑、自宅の庭は、そんな私の全てです。

Top Page › 50年間の動物病院のあれこれ › 30年前の動物病院
2019-12-30 (Mon) 23:51

30年前の動物病院

12月30日

いよいよ平成の時代になりました。
日立のカラ―ドプラー
201912 (3)

動物たちもペットの領域を超えて、人間の伴侶として格上げされ、家族の一員として生活するようになりました。
雑種犬と言っていたのがミックス犬、ミックス猫と
ミックス犬も室内で飼育する方が多くなりより人と密接になりました。
こうなってきますと動物の問題行動、しつけのしかた等のセミナーが開催されたり
動物のフードもその頃からぐっと品質が良くなり製薬会社が扱うようになりました。
30年以前からでしたが、動物の看護師の養成学校、資格認定もされ
私どもも二人では診療が回らなくなり看護師さんに来ていただくようになりました。
病院も建て替え
今までのような血液検査器、高圧滅菌器、麻酔器、超音波スケーラーに加え超音波画像診断装置が必要になり、日立、東芝、アロカとメーカーからデモ機を借りて勉強しながら機種をじっくりえらびました。
アロカといえば、歌手の佐良ナオミさんの会社です。
選んだのは日立のカラ―ドプラーです。


歯科の器械も超高速ドリルも備わったアメリカからの輸入品。

顕微鏡も腫瘍の細胞を見たりしますのカメラをアダプターで接続させた高倍率のニコンの顕微鏡も備え、、、、

医療器械が高額で、、泣かされました。

ずっと、医療器械の機械屋さんのために働いているのでは?  とおもったほどです。
でも、それらの器械のおかげで、動物の治療も高度な医療をすることができ、大変達成感のある仕事ができました。
とてもやりがいがありました。

12月30日

いよいよ平成の時代になりました。
日立のカラ―ドプラー
201912 (3)

動物たちもペットの領域を超えて、人間の伴侶として格上げされ、家族の一員として生活するようになりました。
雑種犬と言っていたのがミックス犬、ミックス猫と
ミックス犬も室内で飼育する方が多くなりより人と密接になりました。
こうなってきますと動物の問題行動、しつけのしかた等のセミナーが開催されたり
動物のフードもその頃からぐっと品質が良くなり製薬会社が扱うようになりました。
30年以前からでしたが、動物の看護師の養成学校、資格認定もされ
私どもも二人では診療が回らなくなり看護師さんに来ていただくようになりました。
病院も建て替え
今までのような血液検査器、高圧滅菌器、麻酔器、超音波スケーラーに加え超音波画像診断装置が必要になり、日立、東芝、アロカとメーカーからデモ機を借りて勉強しながら機種をじっくりえらびました。
アロカといえば、歌手の佐良ナオミさんの会社です。
選んだのは日立のカラ―ドプラーです。


歯科の器械も超高速ドリルも備わったアメリカからの輸入品。

顕微鏡も腫瘍の細胞を見たりしますのカメラをアダプターで接続させた高倍率のニコンの顕微鏡も備え、、、、

医療器械が高額で、、泣かされました。

ずっと、医療器械の機械屋さんのために働いているのでは?  とおもったほどです。
でも、それらの器械のおかげで、動物の治療も高度な医療をすることができ、大変達成感のある仕事ができました。
とてもやりがいがありました。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-12-31

Comment







管理者にだけ表示を許可