庭は私のすべて

3人の娘たちは巣立ち、5人の孫の成長が楽しみです。開田の庭、畑、自宅の庭は、そんな私の全てです。

Top Page › 50年間の動物病院のあれこれ › 40年前の動物病院
2019-12-27 (Fri) 23:32

40年前の動物病院

12月27日

番犬からペットに 

40年前と申しますと昭和55年ごろですね。
このころになりますと、私どもの町にも動物病院が一気に2軒開業されました。
それまでの動物は番犬でありネズミを捕ってくれれば、、、、雑種犬、日本猫が多く飼われ
そして一部の動物が愛玩動物として飼われていました。
50年前から徐々に
ペットブームの始まりだったと思いますが血統書付きの純粋種が飼われ始めたのです。

ここまでの10年間は、
ただひたすらに飼い方の啓もうと予防注射、去勢、避妊手術、フィラリヤ予防の普及に努めた結果
ようやくこのころから狂犬病予防接種だけでなく、混合ワクチン、去勢、避妊手術、フィラリヤ予防が定着してきました。

ペットブームのおかげでワクチン接種もフィラリア予防も定着したのだと思います。

狂犬病予防だけでは動物病院は成り立っていけませんでしたがペットブームのおかげで生計を立てていけるようになり、
動物病院も人気の職業と、、、。

ペットとして大切に飼われるようになりますと、動物病院として、より高い知識と技術を求められるようになり、
このころから、
夫は東京、横浜、大阪、名古屋と毎月勉強に出かけていきました。
名古屋の大御所先生方の集まる研究会にも入れていただき、、、勉強、勉強でしたね。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-12-28

Comment







管理者にだけ表示を許可