庭は私のすべて

3人の娘たちは巣立ち、5人の孫の成長が楽しみです。開田の庭、畑、自宅の庭は、そんな私の全てです。

Top Page › Category - 50年間の動物病院のあれこれ
2019-12-18 (Wed)

動物病院の設備

動物病院の設備

12月18日動物病院の設備をごしょうかいします。診察室顕微鏡と診察台ICŪ小型犬用と大型犬用エコーカラーエコーレントゲン自動現像機心電図計、自動点滴装置滅菌手洗い器、機械戸棚自動麻酔装置、血圧計呼吸モニター、SpО2滅菌手洗い器高圧滅菌機、乾燥機超音波洗浄機...

… 続きを読む

2019-12-17 (Tue)

50年前5

50年前5

12月17日50年前の猫ちゃんの病気50年前の猫の病気は栄養障害によるものが多かったように思います。   (犬)もですが、、、ご飯にかつを節と云う食餌を与えられた母猫から生まれた子猫は成長過程で背骨(腰椎)が陥没する症状が出ます。ネズミを捕獲する狩りをする猫ちゃんだったら良かったのですが、、、。煮干しばかり与えられた猫ちゃんの避妊手術をしますと、脂肪が黄色なのです。こんな動物達からバランスの良い食事、質の...

… 続きを読む

2019-12-15 (Sun)

50年前4

50年前4

12月14日伝染病について50年以前はワンちゃんは番犬であり、猫はネズミを捕るための動物でした。ですから、狂犬病の予防注射だけ受けるのが精いっぱいでした。そんな時代ジステンパーの予防注射などほとんどのワンちゃんが受けていませんでしたから冬期、空気が乾燥しだしますと西の方向からジステンパーのウイルスが風に乗って病気が伝染し、広まりました。本当に地域、地域で罹患して病気が広がっていくのが手に取るように解りま...

… 続きを読む

2019-12-10 (Tue)

50年前3

50年前3

12月10日1970年から2000年位迄は犬、猫の交通事故による骨折が多かったです。骨折の仔が来院しますと開放骨折でない限りギブス固定で治しました。その当時のギブスは包帯に石膏が塗してあり、それをぬるま湯に浸し骨折部位の2関節以上を固定するのです。重たいですし、動物の事ですので痛みがなくなってくると動き回りますし、動けば皮膚が擦れて化膿します。動きますとズレて手先、足先が腫れてきます。、、、、外してやり直しで...

… 続きを読む

2019-12-08 (Sun)

50年前2

50年前2

12月7日50年前の動物の病気フィラリア  蚊が媒介し主に犬の心臓に寄生する線虫が犬の体に災いをもたらす病気です。        夏、蚊によって媒介され翌春になって成虫になり犬の体を巡り巡って心臓にたどり着き災いを起こすのです。        春になりますと、、、犬が血尿をして食欲がないと   診察に来院されます。        フィラリアのほかにも血尿する病気はスピロヘーターによるものも、腎臓病、泌...

… 続きを読む